当院での腰痛の治療

問診と検査

当院では、いきなりベッドに寝て治療を始めてしまうというようなことは致しません。
あなたの身体の本当の状態をしっかり把握するために、まずしっかりと問診と検査をさせていただきます。
患者さんの身体の状態を診させていただき、必要な治療を選択して提供させていただきます。
必ずすべての治療をするわけではありませんし、苦手な治療は問診時にしっかりとお伺いさせていただきますのでご安心ください。
腰痛の治療 問診

腰痛の本当の原因

腰痛といっても、様々な原因がありますが、本当に正しい情報というのは、今の日本では、一般の方には様々な事情からなかなか入ってこないというのが実情です。

加齢によって腰痛になる?

本来、腰痛に年齢は関係ありません。欧米でのデータでは腰痛を訴える患者さまの年齢層は、むしろ20代から40代が多い位です。実際、当院にも腰痛の患者さまがたくさん来られます。
もちろんその中には高齢者の方もおられますが、よくお話をお伺いすると「30歳位の時に一度ギックリ腰をして…」とか「もうかれこれ20年位腰痛持ちで…」といったようなお話をよく聞きます。
当院に受診されたのは「今」ですが、腰痛を自覚しはじめたのはもっと若い頃からということになります。ですから「もう歳だから腰痛になっても仕方ない」というようなことはありませんのでご安心ください。
腰痛の治療

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が原因?

実は欧米では次のような実験結果が報告されています

腰痛を訴えている人と腰痛を訴えていない人を同じ人数だけ集めてMRIやCTで画像検査をしたところ、腰痛を訴えていないグループと腰痛を訴えているグループを比較した結果、ほとんど同じ割合で椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といった”画像診断上での異常”が見つかった。

欧米ではすでにレントゲンやCT、MRIといった画像診断はよほどの場合のみ行い、むやみに撮影しない方がいいという報告まであります。残念ながら日本では、まだそのレベルにまでなっていないのが現状ですが…
つまり、過去にヘルニアになったからといって、それが原因で腰痛になるわけではない場合が多いということです。

腰痛の原因

腰痛の原因は主に

  • 生活習慣
  • 日常生活での動作
  • 日常生活での姿勢
  • 過度の精神的ストレス

と言われております。
骨盤や股関節が正しい位置でなくなるのも、これらが原因です。
また、日本のスポーツ医学におけるデータでは、同じ競技レベルであっても腰痛を訴える選手と、腰痛がない選手とでは何が違うかをあらゆる方法で比較したところ、MRI検査において「コアマッスル」と言われる体幹の筋肉の量に差があることがわかりました。当院に来られる患者さまも、腰痛が慢性的であればあるほど、この「コアマッスル」と呼ばれる筋肉にとても反応が出ています。

当院での腰痛の治療

1.問診

腰痛と言っても、症状や原因は様々です。
腰痛が慢性的である場合も、ギックリ腰のような急性の場合も、日常生活の環境や癖、ストレスレベル等をしっかり把握しないことには、適切な治療方針を立てることができません。
まず、しっかりじっくりとお話を聞かせていただくことで、あなたの身体を取り巻く環境を把握し、なぜ腰痛になってしまったのかを見極めていきます。

腰痛の治療 問診

2.検査

「腰痛」とひとくくりにしても、それぞれ原因が違いますのので、あなたの腰が痛む原因を様々な検査で調べていきます。

脈診・舌診
東洋医学的に脈の状態、舌の状態など、身体の内部のバランスの状態を調べます。
触診

東洋医学的に温度を調べることで、身体の内部のバランスの状態を調べます。また、背骨のゆがみ、骨盤のゆがみ、股関節のゆがみの状態を調べます。
腰や股関節だけではなく、首や背中、足など、身体のどこの筋肉が緊張しているか等の筋肉の状態を調べ、身体全体の筋肉と骨格のバランスを調べていきます。

可動域検査

あなたご自身ではなかなか自覚できないのですが、身体のゆがみや筋肉の状態によって、左右前後で可動域(動く範囲)に差が出ることがあります。
可動域に差がありますと、可動域が狭くなっている側は、身体の他の部分で足りない動きを補う(代償運動)ことになるので、より負担がかかることになります。

徒手検査

病院等で腰椎椎間板ヘルニアや座骨神経痛、脊柱管狭窄症といった、いわゆる「病名」を診断された場合は、専門の検査をし、その診断が本当かどうかを見極めます。

3.治療

ハイチャージ療法

腰痛の症状により、使用方法はかわります。
慢性腰痛の場合は、腰部から足にかけてにハイチャージ微弱電流を流し、活性化していきます。
ギックリ腰や症状のきつい椎間板ヘルニア、座骨神経痛等の場合は、全身にハイチャージ電流を流しながら、違う端子で患部に同じくハイチャージ微弱電流を通電する2重通電をする場合もあります。
あなたの身体の状態によって、適切な通電部位、方法を選択することで、この後に行う鍼灸、整体治療の効果を最大限高めることができます。

腰痛の治療 ハイチャージ療法
※全員の方に必ず使用するというわけではなく、症状に応じて使用する方が早く回復する場合に使用させていただきます。
icon-check-square-o 詳しくはハイチャージ療法のページをご覧下さい。
【ハイチャージ療法】のページへ>>

鍼灸治療

東洋医学的に身体の中のバランスに問題があった場合は、その原因に応じた経穴(ツボ)にはりを打つとともに、実際の症状である「腰痛」の原因である筋肉を、トリガーポイント理論に則って刺激し、筋肉の過度な緊張をゆるめ、痛みを取っていきます。
腰痛が慢性的であればあるほど、原因に対して何もせず、ただ腰回りのかたくなっている筋肉だけをいくら治療しても、ただ気持ちがいいだけで改善することはありません。
当院ではしっかりとあなたの腰痛の原因を追求し症状をやわらげるとともに、腰痛そのものの原因を改善していくような治療をします。

腰痛で、整体や整骨院(接骨院)に行かれていて、今現在腰まわりしか治療をされていない場合や、無駄に全身マッサージをされてしまっている場合は、ぜひ一度当院にご相談ください。
icon-check-square-o 詳しくは鍼灸治療のページをご覧下さい。
【鍼灸治療】のページへ>>

腰痛の治療 鍼灸治療

整体治療

当院では、まずあなたの身体の「荷重足」と「非荷重足」がどちらかを診させていただきます。
「荷重足」と「非荷重足」とは、簡単に言えば体重がかかる方の足と、体重がかからない方の足です。
「足は2本あるのだから、体重は二本ともにかかっているだろう」と思われるかもしれません。
しかし、手に「右利き」「左利き」があるように足には「荷重足」と「非荷重足」があるのです。
「じゃあ、体重がかかっている方が悪くなるんじゃないの?」
そう思われるでしょう。そしてこれも本当は違います。
img_chiro02
もちろん例外もありますが、人間の身体というのは重力がかかっているから正常に作動するようにできているので「非荷重足」側に異常が出ることが多くあります。普通の整体ではそこまで判断をしないで、ただ足の長さを比較したり、肩の高さを比較したりして整体します。しかし私がおこなう整体は、日常生活における歪みの原因を体重がちゃんとかかっているかどうかという点にも着目し、例えば骨盤が歪んでいるのであればなぜ歪むのか、首(頸椎)が歪んでいるのであればなぜ歪むのかということをその理論から導きだし、股関節矯正、骨盤矯正を行います。
腰痛の場合は、特に骨盤、股関節、そして少し意外に思われるかもしれませんが、足首の状態をしっかりと診て、整えていかなければならないことが多いです。
「腰痛だから腰だけ」ではなく、全身のバランスを整えることで、腰痛の原因を改善していきます。

icon-check-square-o 詳しくは整体治療のページをご覧下さい。
【整体治療】のページへ>>