腰痛に良い寝方ってあるの?仰向けと横むけどっち?腰痛時に絶対にやっていけない寝方は〇〇で寝ること – 西宮のまつむら鍼灸整骨院 院長のブログ

腰痛に良い寝方ってあるの?仰向けと横むけどっち?腰痛時に絶対にやっていけない寝方は〇〇で寝ること

こんにちは、西宮市のまつむら鍼灸整骨院院長の松村です。

腰痛をお持ちの方の中には、座っていて腰が痛いとか立っていて腰が痛い、何か特定の動作をしたときに腰が痛むという以外にも、寝るときや朝起きた時などにも腰に痛みを感じる場合があります。

そのせいで寝不足になったり、1日の始まりに「あいたたた・・・」と思わず腰に手を当ててしまうような、そんなスタートとなってしまうと、テンションも下がってしまうかと思います。

また、腰痛によって寝ていても腰が痛いだとか朝起きたら腰が痛いだとかそういうことがあると、「仕事に行きたくないな〜」とか朝から家事をしないといけないのに億劫になってしまったり・・・ということになってしまいます。
そんな状態が長く続いてしまいますと、イライラの原因にもなってしまいます。

実際、当院に腰痛で受診される患者さんにも〝寝ていて腰が痛いのは自分の寝方に問題があるのではないか?〟と思い詰め、私に

 

「腰痛に良い寝方ってあるのですか?」

 

とお尋ねになる患者さんも少なくありません。
そこで今回は腰痛に良い寝方とやってはいけない寝方を解説していきたいと思います。

もしあなたや大切なご家族やご友人が、寝るときも腰が痛いとか、朝起きたら腰が痛いとお悩みでしたら、その悩みの解決につながりますのでぜひ最後までお読みいただければと思います。

 

腰痛を持っている人がやってはいけない寝方とは?

腰痛を持っている人で絶対にやってはいけない寝方は、「うつ伏せ寝」です。

なぜ腰痛のときはうつ伏せに寝ることがNGなのでしょうか?

その理由は、うつ伏せに寝ると腰が反ってしまいます。
腰が反った状態で長時間いることは腰の関節に負担をかけてしまうため、腰が痛い人はさらに腰痛になってしまう場合があるのです。
また、腰だけではなく、首にも負担をかけてしまっていますので、腰痛だけでなく首の痛みやコリがある人にもうつ伏せ寝はお勧めできないのです。

余談ですが、腰痛でどこか治療院を受診された際、腰痛であるにもかかわらず、長時間うつ伏せに寝かせたままの治療院や、うつ伏せに寝かせるだけでなく、さらに上から腰を押さえる(マッサージ等)ような治療院は、腰痛を治すことはできないでしょう。

話を戻します。
まずは腰痛の際に良い寝方より、うつ伏せに寝ることがNGということを覚えていただければと思います。

 

腰痛に良い寝方とは?

仰向けに寝る場合

仰向けで寝たい場合、膝をたたておくと腰に負担がかかることがありません。
写真のような感じで余っている布団や毛布、タオルケットなどを丸めて膝の下に置くなどして、膝を立てた状態(股関節と膝が曲がった状態)で寝ることで、寝ていても腰が痛むとか、朝起きたときに腰が痛いということがなくなります。

膝を立てる際の角度についてですが、基本的には「自分が一番楽に感じる角度」で問題ありません。
しっくりくる、と言ってもいいかもしれませんね。
タオルケットを数枚使って高さを調節してみるとか、タオルケットで足りないなら布団にしてみるとか、色々試してみていただければ幸いです。

 

横向きに寝る場合

横向きに寝る場合は、もし腰痛が左右どちらかにある場合は、可能でしたら痛いほうが上(右の腰痛がある場合なら右が上になった状態)になるように寝ていただければと思います。

横向きになると、下になる側はベッドに圧迫されて、上になっている側と比較すると血の流れが悪くなってしまいます。
腰痛で左右どちらかが痛い場合、痛みがある側の腰は元々血の流れが悪くなってしまっていることが考えられます。

ですので、もし左右どちらかが痛む腰痛の場合は〝痛いほうを上にする〟と覚えておいていただけましたら幸いです。

あなたはどっちの横向きタイプ?
身体の特性でちょっと違う、横向きの寝方

実は身体にはその人その人の特性があります。
まずはその特性の見分け方を紹介させていただきます。

何かに急に驚いた際に、あなたはどっちになるでしょうか?

Aタイプ

Bタイプ

 

え?こんなこと?と思われるかもしれませんが、Aタイプの方はあまり丸く縮こまった姿勢を取ってしまうと腰が痛くなってしまいます。

逆にBタイプの人は丸く縮こまったポジションのほうが腰の痛みが改善しやすくなります。

このように、「良かれ」と思うことでも身体の特性によって真逆になってしまいますので、まずは自分がどのタイプかを驚いたときを思い出して分類してみてください。

 

Aタイプの人が腰痛の場合の横向きの寝方

写真のように、横向きで足は軽く曲げる程度で良いかと思います。

 

Bタイプの人が腰痛のときの横向きの寝方

このようにAタイプの人より丸くなるようなイメージで寝ていただければと思います。

ちなみに僕はAタイプなので、どうしてもBタイプの姿勢が苦手であまり良い見本にはなれていません、申し訳ありません。

 

まとめ

色々なことを書かせていただきましたが、腰痛に良い寝方というよりは、腰痛の場合はうつ伏せに寝ないことが一番大切なので、まずはそれを覚えておいていただけましたらと思います。

また、人は寝返りをうつなどで、寝ている間もずっと固まったように動かないわけではなく、かなり動いています。

動くことによって、身体の圧迫を取り血流をよくしたり、寝返りをうつことで、身体の歪みを改善したりしています。寝返りをうってない場合には、身体がずっと同じ体制ですので負担が大きくなってしまい、睡眠の質も妨げる原因となってしまいます。

ですので、柔らかすぎるマットレス、古くなって真ん中が凹んでしまっているようなベッドをお使いの場合、それが原因で寝返りができなくなっている可能性があります。

それほど銘柄や硬さに拘らずに新品に変えるだけで改善する可能性もございますので、変えてみることを検討してみてください。

もし、それでも腰痛が改善できずにぐっすり眠れないであるとか、朝起きたきの腰の痛さでツラさを感じている場合はお気軽に当院へご相談ください。

(柔道整復師・鍼灸師 松村正隆 監修)

One thought on “腰痛に良い寝方ってあるの?仰向けと横むけどっち?腰痛時に絶対にやっていけない寝方は〇〇で寝ること

Comments are closed.