交通事故 – 西宮のまつむら鍼灸整骨院 院長のブログ

交通事故

事故

 

画像は関係ありません^^

昨日は1日雨でしたね。
昨日はお昼から仕事の関係で車で吹田にお出かけ。

で、夕方から天神橋筋六丁目へ向かいました。
大阪の方には申し訳ないですが、やはり大阪は交通マナー悪いですね。
割り込み、路上駐車、なんでもありです。
インドか、ほんとに。

で、夜までお仕事して帰りに阪神高速を走っていました。

実はわたくし、結構なスピード狂なんです、若い頃から。
でもこう見えて、2年前だったかな、ちょっとおかしいおばさんにノーブレーキで横から突っ込まれるまで無事故でした。約20年間。

まあ過去に出したスピードのことは正直公開できませんが、根がせっかちなのでとりあえずアクセルを踏んでしまうんですね。
正直、雨だろうがなんだろうが車の限界超えない限りできるだけスピードを出すという感じです。
あ、ちなみにそれでもスピード違反で捕まったことは20年間で1度だけです。

話を戻します。
阪神高速を走っていたんですが、昨日はなにかが違いました。
雨だから・・・・というのではないんですが、何かが違うんですね。
で、私もなぜかあおられてもスピードをあまり出さずに走っていました。
阪神高速神戸線に入り、武庫川出口も近づいたかな?ってくらいの時の緩やかな右カーブ・・・・・
私は一番右車線を走っていました。

見えないはずの白い光が1つだけ見えました・・・・

なんか違うな?

そう思ったら・・・・・

明らかに走り屋さん的な車両がこっち向いてるじゃないですかっ!!

もう車の床ごと踏み抜く勢いで急ブレーキ。
結構ギリで停車し、なんとか事なきを得ましたが・・・・

緩やか〜なカーブで、車両が反転して真ん中の壁にぶち当たるってどんな運転しとんねん?って話です。
しかも、車反転して、発煙筒も炊かずに若いにいちゃん二人道に出てしゃべってる・・・・

ある意味でいい神経してます。

走り屋さん的な車の場合、やはり軽量化などのために発煙筒も積んでいないんでしょうかね?

ちなみに私はスピード狂ですが、スピードを出したら危ないところでは出しません。
当たり前ですが、スピードを落とすところは落とす、出せるところは出せる範囲で出す。
それと面白いことに、私の場合なにか危険を察知する嗅覚的なものがあるようです。
ま、その能力に過信してはいけないと思いますが、何度もそのおかげで助かったこともあります。

連休などは交通事故が増えます。
一番は事故に遭わないことなのは当たり前ですが、事故は不可抗力でも起こりえます。
必ず警察に連絡。
次に保険会社に連絡。
そして、事故をしてすぐは脳が興奮状態ですので身体の痛みを感じないことがあります。
その場で「大丈夫、大丈夫」と言わず、「痛みが出たら病院に行きます」と伝えましょう。

交通事故の治療は接骨院・整骨院でも可能です。
しかし、だからといってどこで受けても良いというわけではありません。
治療費をたくさん稼ぐためにやたらと通院をすすめたりするところも残念ながらたくさんあります。

「交通事故専門」と言っていないところ
「国から認可を受けている」と言っていないところ
たくさんスタッフを雇っていないところ、できれば院長だけのところ
がいいと思います。

ま、このあたりの理由は当院のホームページにも書いてありますのでお読みください。

交通事故専門の整骨院なんてありません。
国から交通事故の治療の認可を受けているかのような表現をするところもちょっとおかしいですね。
制度の問題ですので、別にその院が認可を受けているわけではありませんので。

もちろん当院でも治療可能です。
しかしながら、中には制度を悪用して、大して悪くないのにやたらと通院しようとする人がいますが、申し訳ありませんがこちらもプロです。
それがわかり次第保険会社に連絡し、治療を中止します。
ムチウチや他の怪我で、本当に早く回復したい方だけご相談ください。

(柔道整復師・鍼灸師 松村正隆 監修)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です