予約時間、お守りください 〜 当院が予約時間を守っていただきたい3つの理由 〜

兵庫県西宮市まつむら鍼灸整骨院院長の松村です。

まずはじめにお伝えしておきたいのは、いつもはちゃんと時間通りに来院されている方がたまたま時間間違えたり忘れていたり、何かミスで遅れることに関して、僕は一切何も思いません。

人はみな、完璧ではないです。
もちろん、僕にしてもそうです。

また交通機関のトラブル、仕事や家庭での何かのっぴきならないようなことも起こらないというわけでもありません。

そういう、普段はちゃんとされている方が予約時間に遅れてしまった場合、事前に連絡があれば〝多少の遅れならできる限りの範囲で受け入れたい〟というのが本音です。もちろん、予約状況によってはお断りしないといけないこともありますが。

事前に連絡がなくても「いつもはちゃんとしてる◯◯さんが連絡ないなんて何かあったのかな?」と心配することはあっても不快に思うことは一切ありません。心配なので受付スタッフさんに電話していただく場合がありますが。

で、そういうちゃんとされてる方々は、もしご自分のミスの場合であっても、そうでない場合であってもこちらが申し訳なくなるくらいに謝罪をされることが多いです。

こういう記事を書くと、そういう普段ちゃんとされている方に響いてしまい、何かミスやトラブルがあったときに申し訳ないと思わせてしまうので最近は書いていませんでしたが、やはり定期的にアップしないといけないと思いましたのであえて書かせていただくことにしました。

ですので、現在当院に通院されている患者さんで普段普通に通院されている方にとってはこの記事は全然対象ではございません。

お時間の無駄になってしまいますのでお読みいただかなくても大丈夫です。

 

 

さて、少数ではありますが毎回毎回予約時間に遅れる(たとえ1分でも)、何度も何度もポンポンと予約を変更する、という方は最後までお読みいただくか、当院とは合わないということで、予約制でない治療院や、時間にルーズな人でもにこやかに受け入れてもらえる治療院をお探しいただくか、どちらかを選択してくださいませ。

毎回遅れるというパターン、正直言って不快です。
僕はプライベートでもそういう人とはお付き合いしないようにしています。

何回も予約変更する場合も、「気軽にやってるな」とか「あ、多分時間に遅れそうで、前にそれ断られたから変更しやがったな」とかはバレてます。
のべ20万人近くの患者さんと接してきた経験は、ダテじゃないです。

しかも修業時代は西成でも働いていたので色々な人と接しているので、そういうのすぐわかっちゃうんです。

しかし僕の気持ち云々という問題だけではありません。
今回は予約時間を守っていただきたい3つの理由について書かせていただきます。

理由その①  普段ちゃんと来られてる患者さんに迷惑になってはいけない

気軽に遅れる人って「たかが5分」とよく言います。
例えば10人が「たかが5分」で50分になります。

時間にルーズな人を受け入れるということは、その人だけでなく他の時間にルーズな人も来てしまうリスクがあります。
だから時間にルーズな人は受けられません。

それに今はまだコロナ騒動が収束したわけではありません。
後述しますが感染対策のために必要な時間もあります。

時間にルーズな人って、そういう他者の後側というか、見えない部分を想像できない人たちなんだと僕は思ってます。

だから、表面的な事象である「たった5分」などというデリカシーのない発言が出てくるんじゃないでしょうか。

 

僕自身も時間ギリギリになることが多い人間。
だからこそ、目的地には30分〜1時間前について近くのカフェとかで読書や勉強をして時間を潰し、目的地には約束の10〜15分前に到着するようにしています。

どうしても時間ギリギリになる場合、それが事前にわかっている場合は約束する相手に前もって「その日はこういう理由なので約束時間ギリギリになる」と言っておきますし、なるべくならそうならない時間に約束するようにしています。

それが仕事だろうがプライベートだろうが先約優先でやってます。
まあ僕のルール全部が正しいわけではないですが、予約時間に当たり前のように遅れる人ってちょっとそのあたりズレすぎてるように思います。

また気軽に予約時間変更するのも、「あなたが取ったその時間に来たかったけれど諦めた人がいる」ということが想像できないわけです。

で、普通に真面目にやってる人たちって、こういうルーズな人たちの皺寄せがきます。
例えば仕事でも、期限がある仕事なら「あいつに任せると期限までに終わらないかもしれないから真面目なあの人に頼もう」となって仕事量は増えます。でも、会社員の場合はそれがそのまますぐに給料に反映されることはないです。

僕はどっちを守りたいかというと、真面目な人たちなのです。

 

 

理由その② 患者さん同士がなるべく院内で長時間重ならないようにしている

また、やや収束してきてるとはいえ日本ではまだコロナ騒動が続いています。

感染症そのものはそれほど怖くありませんが、面倒なのはお役所の濃厚接触者追跡。
これも最近はマシになったものの、まだまだいろいろと面倒です。

だから当院では、なるべく患者さん同士が10分以上同じ空間にいないようにしていたり、待合室でかぶらないようにしたりと色々やりくりしています。

 

 

理由その③ 治療後の除菌清掃等の作業時間が以前よりも必要

治療ブース自体は、コロナ騒動以前から使用すれば消毒をしていました。
これは我々がちゃんと衛生基準を満たして開業してるから、消毒は義務のようなものです。

しかしコロナ騒動以降、本来はしなくてもいいくらいのレベルの除菌作業もしていますので、患者さんが帰られてから次の患者さんまでにやることが増えており、その作業時間のこともあります。

とはいえ、予約時間に遅れることまで計算に入れて1枠の時間を長く取ると今度は今よりさらに予約が取りにくくなってしまいます。
今が結構カツカツの中でやっているわけです。

 

 

まとめ

このような理由から、治療自体にかかる時間以外にも色々とある中で、とはいえ患者さんが予約取りにくくなりすぎるのも申し訳ないというところもあるので、ギリギリの時間配分でやらせていただいているという状況です。

感染予防系は、病気そのものが怖いという非論理的な理由ではなく、役所による濃厚接触者の追跡と認定の対策です。
現在、当院ほど換気、除菌、消毒、そして予約の取り方をしていると、濃厚接触者認定はされません。

もし僕自身がプライベートで濃厚接触者認定されても、院内で患者さんを治療しても濃厚接触にならないレベルのことをしています。
もちろん来院された患者さんの中に感染者がいたとしても全然大丈夫なようにしています。

濃厚接触者認定されると、普通の生活ができなくなります。
何日も隔離、仕事もできないなんて嫌ですからね。

毎回遅れるとか、気軽にポンポン予約を変更する、これらに心当たりがある方は、引き続き当院に通院されます場合は、もうちょっと他者のことを慮るようにしていただき、当院のルールをお守りください。

冒頭に書きましたが、西宮市にはたくさんの治療院があります。
予約制ではない治療院もたくさんありますし、予約制であっても時間にルーズな方大歓迎な治療院もあるかもしれません。
当院のルールが自分に合わないという場合は、ご自分に合う治療院に行っていただけるのがお互いのためかと思います。

僕は気軽に患者さんを治療しません。真面目に治療します。
そのために毎月何回も手技の研鑽に東京や大阪に通っています。時には海外まで行っていました。

だからこそ、「まあ遅れてもいいか」とか「とりあえず予約しといて予定あかんかったら変更しよ♪」とかの気軽な感じは受け入れられません。

お互い、大人の、対等なスタンスで治療を提供させていただきたいと思って、日々研鑽しております。

気軽なコンビニ治療院ではないので色々ご不便をおかけいたしますが通院される場合はそのあたりご理解いただけましたら幸いです。

(柔道整復師・鍼灸師 松村正隆 監修)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

インターネット予約はこちら
電話予約はこちら