イトマンスイミングスクール西宮校をご利用の方々に大切なお願い – 西宮のまつむら鍼灸整骨院 院長のブログ

イトマンスイミングスクール西宮校をご利用の方々に大切なお願い

こんにちは、兵庫県西宮市まつむら鍼灸整骨院院長の松村です。

こんなことを書かせて頂くのは非常に心苦しいのですが、さすがに色々と困ってしまっている状況です。
そして、先ほどイトマンスイミングスクール西宮校に電話をしましたが、「スクール長が出てる」「とりあえず伝えておく」という対応、そしてそれではダメだから電話をかけるように伝えると、先ほど電話があり「警備員に強く言っておく」というものの、誠意ある謝罪は無し、しかも「一度来てくれ」とお願いしたのですが(徒歩1分以内)、「いや、もうこの電話で済ませる」という、本当に本当に誠意が見られなかったことから、このような形で書かせていただくことを最初にご理解いただければ幸いです。

イトマンスイミングスクール西宮校は駐車場が狭いため、お子様の送迎をされている親御さんからすると不便であると思います。

また、以前はイトマンスイミングスクール西宮校の前で送迎していましたが、そこもあの前の道が車で埋まって交通安全上かなりの問題があるということで禁止になりました。

実はこれも、僕達染殿町の住民は自治会でずっと問題になっていたことでした。
なんせ本当に危なかった。

僕の場合は患者さまが駅から当院まで歩いて来られる際に何度も危ない目に、住民はやはりお子様が危ない目にあうことが多かったため、当時の自治会が何度もイトマンスイミングスクール西宮校にお願いしてやっと対応してくれたという話を聞いたことがあります。

そりゃお子様も水泳して疲れているから、小さい子だとおんぶやだっこで運んで車に乗せないといけないので、なるべく近くに車を停めたいという気持ちもわかります。

しかし・・・・

もしあなたが近隣住民なら、自宅の前に出入り口をふさぐ形で、エンジンをかけたまま車を10分、15分と停められて良い気分がするでしょうか?

もしあなたのお子様の通学路が、たくさん車が停まっていることでドライバーの視界がふさがれ、とても危険な道になってしまったらだまっているでしょうか?もしあなたのお子様が、それが原因で車にひかれたとき、あなたは責任の追及をせずにいられますか?

もしあなたが何かお店をやっていて、営業時間内に、車でお店の出入り口をふさぐように停車されてニコニコしていられるでしょうか?

「そんなの、ちょっとだけやん。私らもしんどいねん」

そう思われますか?
あなた方は、自身がイトマンスイミングスクール西宮校に行くときだけのことですが、我々住民は、毎日なのです。

もし毎日、あなたの家の玄関をふさぐ形で車を停められていたらどうでしょうか?

もしあなた自身が買い物をして荷物が重たいから一旦家の前に車を停めて荷物だけ出そうと思ったら、その車が邪魔で荷物をおろすことができなかったらどうでしょうか?

もし毎日、あなたのお子様が危険な道路を歩かなければならなかったらどうでしょうか?

もしあなたのお店の前に、毎日営業時間中に入り口をふさぐように車を停められたらどうでしょうか?

 

何度も言いますが、お子様の送迎、大変なのはわかります。
ただ、大変だからと言って、住民に迷惑をかけていい理由にはなりません!

で、今日も院の出入り口をふさぐように停車されていたので、さすがに院の前に停められてるのは患者さまにも迷惑なため注意すると・・・

「すぐどけるから!」

と言ってどきません。
結局、そのドライバーの奥様とお子様を乗せたあとに謝罪することなく去っていきました。

多分、「なんやねん、ちょっとくらいええやんけ。ケチな整骨院やな」くらいに思われていることでしょう。
でも、こちらは開業して15年、なんらかの形で迷惑をかけられ続けてきています。

そして肝心のイトマンスイミングスクール西宮校は誠意ある対応はなし。
なおかつ、肝心の停めた張本人は、逆にこちらに文句ありそうな態度、と来れば僕も我慢できません。

本来、商売的に考えるならば我慢するべきなのかもしれません。
でも、すでに我慢の限界を超えてしまいました。

そして先ほども書かせていただいたように、イトマンスイミングスクール西宮校を利用される方々は、自分だけが便利だったらそれでいい、という考えは捨てていただき、近隣住民の迷惑を考えてください。

そして送迎に関する問題は、利用者からイトマンスイミングスクール西宮校に要望を出すべきです。
今はイトマンスイミングスクール西宮校の前の送迎はかなり減りましたが、その分我々のところや、少し北側の高架下などに停車してる車が増えて危険ゾーンになっています。

イトマンスイミングスクール西宮校がどれだけ対応してくれるかわかりませんし、あまり信用できません。
だからこそ、利用される方々の良心を信じたい、そう思います。

僕だけでなく、近隣住民も困っています。
ぜひとも、良心に則って常識的な行動をお願い致します。

(柔道整復師・鍼灸師 松村正隆 監修)